昔から、「薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)は遺伝する」とよく言われていますよね。でも、薄毛(いわゆるハゲのことですね)は本当に遺伝するものなのでしょうか。最近、CM(コマーシャルともいいますね)などでもみるようになった「男性型脱毛症(AGA)」については、遺伝的な要素が多く関係していると考えられているになりますよ。また、ドイツの研究チームが「薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)についての遺伝子(最近では、肌に関する遺伝子を調べるキットも売られています)」の一部をはじめて発見したということ実もあるのです。その結果としてによると、若くして薄毛(いわゆるハゲのことですね)になった人は、X染色体にある男性ホルモン(テストステロンが悪玉男性ホルモンである5αジヒドロテストステロンに変わってしまうことで、薄毛になってしまうといわれているのです)の受容体遺伝子(生物の時間にメンデルの法則を習った記憶はうっすらと残っているのではないでしょうか)に変異が目立つだと言えるのではないでしょうか。ただ、現在のところ、わかっているのはそのくらいで、遺伝の詳細は明らかにはされていません。X染色体はママ(日本語を始め、ロシア語、スペイン語、中国語など、色々な言語で母親のことを指します)から受け継ぐために、ママ(英語ではマミーやマムなどと呼ぶことが多いかもしれません)が薄毛(いわゆるハゲのことですね)であったり母方の祖父が薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)だったりすると、その影響を受ける可能性があるという程度です。それに、両親や祖父母が薄毛だからって、ご自身の薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)も遺伝だと決め付けるのは早すぎるになるでしょう。家族の中に薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)が多いのは、遺伝子(遺伝情報を担っている主要となる因子だといわれており、DNAと表現されることもあるでしょう)が関係する訳ではないとされているんです。薄毛の原因となるような食生活や生活習慣を家族みんなであたりまえのように継続する事によっていた結果の「後天的原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の薄毛(いわゆるハゲのことですね)」であるケースも多いかもしれません。最近では、「薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)になるリスクの高い遺伝子(遺伝子組み換え食品は食べたくないと考える人が少なくありません)を持っているかどうか」といった遺伝子(最近では、肌に関する遺伝子を調べるキットも売られています)検査を実施しているクリニックってあると思います。どうしても遺伝の影響が心配だったら、そういった機関を利用しもいいのではないでしょうか。ただ、あまり心配し過ぎるとそれがストレスとなり、却って薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)を誘発する可能性もありますから注意が必要ですねー